太りにくい食事のとり方は?【知らなきゃ損するダイエット】

ダイエットしている人は、食事をするたびにこれを食べたら太ってしまうんじゃないか?とかいろいろ気になりますよね。

この前、テレビを見ていたらこれを知っていたらダイエットに効果があるんじゃないかと思うような内容でしたのでまとめてみました。

TBSテレビ「この差って何ですか?」2017年7月25日放送分からの内容です。

あなたもこれを、見ないと損しますよ!

(1)より太りにくい食事のとり方はAとBどっち?

(写真)番組内で解説指導して頂く先生は、巣鴨総合治療院グループ総院長の沢田大作先生です。

ここからは、簡単な質問形式で二者択一です。

① よりに太りにくいのは「焼肉」と「しゃぶしゃぶ」、どっちでしょう?

答えは、「焼肉」です。

※なぜ「焼肉」の方が太りにくいと思いますか?
それは、調理した時に、肉から落ちる「脂の量」に違いがあります。
「焼肉」は30%脂を落とすことができるのですが、「しゃぶしゃぶ」は15%しか脂が落ちません。

つまり、「焼肉」は、肉から落ちる「脂の量」が約2倍。

「しゃぶしゃぶ」は、「鍋に溶けだした脂」が他のお肉に付いてしまうということです。

② よりに太りにくいのは「おにぎり」を「チンして温めて食べる」か「そのまま食べる」か、どっちでしょう?

答えは「そのまま食べる」です。

※ なぜ「そのまま食べた」方が効果的だと思いますか?

ご飯の中に含まれる「デンプン」は、温かいと吸収されやすくなり、「糖」に変化してしまうようです。

実は、「おにぎり」だけでなく、食事の際の「ごはん」にも言えるようです。

そのため、「冷めたごはん」の方が太りにくいということです。

③ よりに太りにくいのは「梅酒」と「ビール」、どっちでしょう?

答えは「ビール」です。

※ なぜ「ビール」の方が太りにくいと思いますか?

「梅酒」の方が低カロリーと思われがちですが、実は「ビール」の方がカロリーが低いのです。
100mlあたり、「ビール」は40kacl、「梅酒」は156kcalと3倍以上あるんです。

※ なぜ「梅酒」の方が高カロリーだと思いますか?
理由は「梅酒の作り方」にあります。「梅酒」は青梅を焼酎に漬け込みます。梅の酸味をまろやかにするために、青梅1kgに対して、50g以上の「氷砂糖」を入れます。

このため、「ビール」に比べ、「梅酒」はカロリーが約3倍以上、糖質約7倍になってしまうようです。

④ よりに太りにくいのは「はちみつ」と「メープルシロップ」、どっちでしょう?

答えは「メープルシロップ」です。

※ なぜ「メープルシロップ」の方が太りにくいと思いますか?
「メープルシロップ」の方がカロリー、糖質 ともに「はちみつ」より低いとのこと。

しかも、ダイエットに効果的と言われる「カリウム」がたくさん含まれており、体のむくみを解消する効果などがあります。「はちみつ」の約12倍以上含まれているようです。

⑤ よりに太りにくいのは「玄米」と「雑穀米」、どっちでしょう?

 答えは「玄米」です。

※ なぜ「玄米」の方が太りにくいのでしょうか?
カロリーは、「玄米」と「雑穀米」ともほぼ同じです。でも「玄米」の方は、「食物繊維」が多く含まれているため、腸内環境が整えられるようです。

「雑穀米」は、雑穀自体には食物繊維が含まれていますが、白米が多く使用されているため、食物繊維は少なくなってしまうためです。

⑥ よりに太りにくいのは「コーヒーを飲む時」に「食前に飲む」か「食後に飲む」、どっちでしょう?

答えは「食前に飲む」です。

※ なぜ「食前に飲む」方が効果的でしょうか?
コーヒーには、「クロロゲン酸」という成分が含まれます。この成分は、体内の脂質を分解したり、糖の吸収を抑える働きがあります。

そのため、食前に飲んだ方が、食事を摂った際に「脂」や「糖」が吸収されにくくなるようです。

⑦ よりに太りにくいのは「つぶあん」と「こしあん」、どっちでしょう?

答えは「つぶあん」です。

※ なぜ「つぶあん」の方が太りにくいのでしょうか?
「つぶあん」と「こしあん」の違いは、「あずきの皮が残っている」かどうかです。

あずきの皮の部分には、「整腸作用」のある「サポニン」という栄養素がたくさん含まれています。

「サポニン」は、便秘を改善する作用があり、ダイエットのためには大事な栄養素の一つです。

「こしあん」は、ダイエットに効果的に皮を取り除いているため、「サポニン」も取り除かれてしまうようです。

普段何気なく食べたり、飲んでいる物ばかりですけど、ちょっと気にしてどちらか選んで食べるとダイエットにつながりますのでうれしいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加