今日の最高気温、最低気温は何度だった?どこ?気温のランキング!

2018年の夏は、とにかく暑い日が続いています。

こう毎日が暑いと体力が消耗して夏バテしそうになりますよね。

テレビで毎日猛暑の事が取り上げられ、今日の最高気温の場所や気温が放送されています。

2018年7月23日は、埼玉県の熊谷市で気象庁の観測史上最高の41.1℃を記録しました。

ちなみに、2位は、高知県江川崎で41.0℃(2013年8月12日)。3位は岐阜県多治見で40.9℃(2007年8月16日)です。1位は、5年ぶりに更新されました。

とにかく、今年はいつもより暑いですね。

朝から30℃くらいになると今日はどれくらい気温が上がっているのか、今日本で一番暑いところはどこで何度まで上がったのか気になりますよね。

気象庁のホームページでは毎日の気温ランキングが発表されています。(毎時50分ごろに更新)

Sponsored Link

今日の最高気温、最低気温は何度だった?どこ?

今日の気温の高い方、低い方のランキングです。

1位~10位まで(毎時50分ごろに更新)

出典:気象庁ホームページより

① 今日の全国観測値ランキング (日最高気温の高い方、最低気温の低い方 1位~10位)

② tenki.jp(日本気象協会)より アメダスランキング(高温順)

その他
③ Yaqhoo 天気、災害より アメダスランキング(高温)毎時更新

暑い日が続くと真夏日や猛暑日という事を聞きますが、違いは何でしょうか?

■ 猛暑日とは、最高気温が35℃以上の日

■ 真夏日とは、30℃以上の日

■ 冬日とは、最低気温が0℃未満の日

暑さが続くとこの先、暑い日がどのくらい続くのか気になりますよね。

気象庁では、2018年8月4日から先1か月の予報を出しています。

出典:気象庁ホームページより

それによりますと、この先9月3日ごろまで関東北陸より西の方は、平年より高い気温の確立が70%以上とのことです。東北も50%以上の確率で暑さが続くようです。

まだまだ暑さが続くのかと思うとうんざりですね。

2018年の台風進路について

今年は、日本近海の南の海水温が高く台風が発生しても勢力が衰えずに発達して日本にそのままやって来る確率が高くなっています。

台風の進路もいつものように日本の西、沖縄から本州を横断して東へ抜けるというパターンではなくなっています。

台風12号の場合、日本の南海上から本州を目指し北上して三重県に上陸。その後、近畿、中国、九州へ進みました。いつもと逆方向です。

台風が発生すると台風の進路も気になりますよね。

最新の台風の進路

〇 気象庁HPより 台風情報
台風72時間の進路予報は、1日4回(04時頃、10時頃、16時頃、22時頃)の発表です。

今年の台風は、進路が例年と違う事もありますのでこまめにチェックしてみて下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

この記事も読まれています。

⇩  ⇩  ⇩

関東甲信すでに梅雨明け!驚くべき早さだった【2018年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加