腹筋運動をすると腰が痛くなる原因になる?【知らないと損する!】

腹筋を鍛えるために行っている運動で一般的なのは、足を延ばして座り(ヒザを曲げる場合もある)、上体を寝たり、起こしたりする上体起こしですが、この運動が実は腰に良くないようです。

腹筋運動をすると腰が痛くなる?

この腹筋運動をすることによって、腰が痛くなる(腰痛)原因になるとのことでバスケット界では「推奨できません」との発表がありました。

全国のバスケットの指導者を集めた研修会などで専門のコーチが皆さんに伝えているようです。

私も前に腰痛で悩んだことがありました。

その時に腰痛になるのは、腹筋が足りないとか弱ってきたからというのを聞いたことがあり、腹筋を鍛えるために一生懸命に腹筋を鍛える運動をしていたことがあります。

腹筋運動をすると腰が痛くなる原因は

Sponsored Link

そもそも腹筋を鍛える運動で腰が痛くなることを忠告していた人は、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授で、その研究が朝日新聞に記載されたようです。

スチュアート・マックギル名誉教授によると、腹筋運動をする時にひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎が圧迫される時の力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同じだとする研究発表です。

このようなやり方で腹筋を鍛える運動を何回も繰り返すと背骨の間の椎間板を痛めてしまうとのこと。

腰痛防止や腹筋を鍛えるためにやっていた人は要注意ですね。

では、どういうふうに腹筋をきたえたらいいかということですが、腰を動かさないように腹筋を収縮させて胸部を曲げる「カールアップ」が腰痛のリスクが少ないとのことです。

腹筋運動「カールアップ」とは

Sponsored Link

腹筋に力を入れている状態で、上体を起こさない腹筋運動です。

① 仰向けに寝て両足を曲げ、足の裏を床に付けます。

② 頭の後ろで手を組み、息を吸って吐きながら頭を起こします。その時に身体の上体が起き上がらないようします。

③ その状態を維持して呼吸を吸って吐きながらゆっくりと元の状態に戻します。

こちらで正しいやり方が動画で紹介されています。

⇒ ⇒ 「腹筋 カールアップ」

このように腹筋は「カールアップ」で鍛えると良いようです。

朝日新聞の記事により、Yahooニュースにも取り上げられ、「カールアップ」ってどうやったっらいいの?という検索やYouTubeの検索が一気に増えたようです。

腹筋運動で鍛えている方は、気になりますよね。

あなたも「カールアップ」すでにやってたよとかすでに知ってたよと言う人がいるかもしれませんんが、今まで当たり前のようにやっていたことが時代とともに実はこうだったという事が後から色々出て来ますね。

運動の分野も常に進化してます。

Sponsored Link

この記事も読まれています。

⇩  ⇩  ⇩
最新!腰痛の原因は何?月曜日に多い腰痛の原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加