サバ缶の水煮、味噌煮は安くて美味い!DHA、EPAも豊富!

最近注目されているサバ(鯖)の缶詰ですが、手軽に食べられて、安くて食材から摂りにくいDHAやEPA、又カルシウムも魚が丸ごと入っているので栄養分が豊富です。

これらの栄養が手軽に摂取できますので、今大変注目されている食材です。

サバ缶は、主に水煮と味噌煮、煮付などの種類がありますが、サバ缶に限らず、缶詰は美味しくないというイメージありませんか?

缶詰は非常食というようなイメージがあり、栄養があってもまずくて食べないという人もいるでしょう。

しかし、最近のサバ缶は、味が進歩しています。

Sponsored Link

サバ缶の水煮、味噌煮は、安くて美味い!

実際に購入して食べてみましたが、こんなに美味しかったんだと改めて思いました。

個人的には、サバ缶の水煮より味が付いている味噌煮が好きですが、水煮でも昔食べた味より美味しいと思いました。

驚くことに今や魚の缶詰で一番生産数が多いのはサバ缶になっているようです。

魚の缶詰で一般的なのは、ツナ缶が最も知られていると思われますが、今やサバ缶の方が多く生産されていたんですね。

サバ缶は、DHA、EPAが豊富!

【DHA】は、ドコサヘキサエン酸の略です。

高度不飽和脂肪酸とも呼ばれており、主にカツオ、イワシなどの青魚、マグロなどにも多く含まれます。

DHAは、体内で充分に作ることができませんが、摂取することによって記憶力や集中力の維持、リラックスに役立つとされています。

一言で言うと頭が良くなる成分とされています。

普段の食事で肉とか野菜中心の人は、不足になりがちな栄養分です。

【EPA】は、エイコサペンタエン酸の略です。

不飽和脂肪酸とも呼ばれており青魚のイワシやサバなどに多く含まれます。こちらも体内で充分に作ることができません。

EPAは、血管の動脈硬化の改善をして血液をサラサラにする効果を持っています。又、中性脂肪を減少する効果が強いとも言われています。

中性脂肪が高いと高脂血症や血栓症、高血圧などさまざまな疾病の原因になるとも言われています。

Sponsored Link

DHA,EPAをサプリメントで摂取

DHAやEPAのサプリメントも人気で摂取している人もいると思いますが、サバ缶の缶詰も安くて含有量が多くていいですよ。

【サバ缶の煮付】

サバ缶の煮付は、DHAが1,843mg、EPAが3,196mgと豊富です。

【サバ缶の味噌煮】

サバ缶の味噌煮は、DHAが2,972mg、EPAが1,797mgと豊富です。

これらの缶詰は、近くのドラッグストアーで1缶、108円で購入できました。

サバ缶は、DHA、EPAの含有量を表記してありますが、中には表記されていないものもあります。

表記されていないものもDHA、EPAは、含まれていると思いますが、表記されている方が、納得して食べられますよね。

又、メーカーによってDHA、EPAの成分量はさまざまですので、購入される方は実際に手に取って確認した方がいいと思います。

実際に半年ほど3日おきにサバ缶を食べた結果、中性脂肪の値が151から107になりました。

会社の定期健康診断で毎年中性脂肪の値で引っかかっていましたが、サバ缶を食べ始めてから改善されました。

最近のサバ缶は、安くて美味しく、DHA、EPA、カルシウムも豊富です。

スーパーで食品を購入する時に、缶詰コーナーのサバ缶もちょっと見てみて下さい。

サバ缶は、普段の食事に取り入れても十分におかずになります。

おおススメですよ!

この記事も読まれています。

⇓   ⇓   ⇓

サバ缶は美容効果があるのか?【マツコの知らない世界】

イワシの缶詰のDHA、EPAの含有量を見て驚いた!

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加