ピカ子の特製テールスープ、美容鍋とは?超豪華自宅も驚き!

世界的メイクアップアーティスト・ピカ子47歳!
ピカ子って47歳だったんですね。(2018年11月現在)

見た目、すごく若く見えますよね。

フジテレビの「もしかしてずれている?(時給2千万!ピカ子の美容鍋)」2017年10月27日放送でピカ子について特集していましたのでまとめてみました。

最近テレビでも大活躍のピカ子ですが、いったいどんな人なんでしょう?

ピカ子のプロフィールを調べてみました。

名前:本田ヒカル
生年月日:1971年9月21日
年齢:47歳(2018年11月現在)
出身:北海道札幌市
所属事務所:ホリプロ

カリスマメイクアップアーティストのピカ子

元々は、早稲田大学在学中にファッションモデルとしてスカウトされたそうです。その後、メークアップアーティストに転身したようです。

最初は、メークのアシスタントとして働き、その後1999年にデビュー。

様々なファッション誌やコレクションに携わり海外で活躍。ブラッド・ピット、アリシア・キーズ、藤原紀香など数多くのセレブのメークを手掛ける美のカリスマです。

料金2万5千円のメークレッスンは、連日予約殺到の超満員!

ピカ子のメークは評判を呼び、全国から予約が殺到してしまうようです。

時給換算すると2千万円だそうです。

プロデュースした化粧品をテレビショッピングすれば、1時間でなんと1億円の売り上げ!

Sponsored Link

ピカ子の超豪華自宅も驚き!

ロケ当時、2週間前に引っ越したばかりとのこと。

ピカ子は、いったいどこに住んでいるのでしょうか?

ロケで自宅に向かう映像を見ると車で港区と目黒区の境にある上大崎の交差点を、目黒駅方向に右折しています。そのため、おそらく目黒区内の超高級エリアではないかと推測します。

室内は、広さ190平米の3LDK、リビングにはイタリア製のソファ(Flexform)300万円、ひじ掛けが付いた1人用ソファ(イタリア製 B&B ITALIA)150万円、寝室には100万円ほどのクイーンサイズベッドが置いてありました。

置いてあるものすべて一つ一つにこだわりが感じられますが、いたってシンプルでオシャレです。

なんと寝室(ベッドルーム)が全部で3つあるようです。

こだわりのキッチンは、リビングダイニングにいる人と対面しながら料理が作れる対面式のカウンター、食器洗機もビルトインで付いています。

また、オーストラリア製の木製のまな板(7万円)もお気に入りのようです。

ピカ子流 美の食生活

毎朝美容の為、ペリエ天然炭酸水を飲んで利尿作用をアップして老廃物を出しやすくしているようです。

そんなピカ子の行きつけの場所が、広尾にある明治屋(高級スーパー)です。

ここは、一般庶民からすると高いです。周辺には、外国の大使館などがあり、外国製品も豊富です。

食材を買いに来たピカ子が選んだのは、京野菜コーナーで万願寺甘とう(¥646 美肌に欠かせないビタミンCが豊富)、黄ニラ(¥519 「アホエン」という成分いより血液サラサラに効果的)。

その後も美にまつわる食材を次々に購入!

ピカ子はお菓子とか甘いものは、一切食べないということです。

それは、ピカ子流に言うと「体が要求しない!ボディがトークしないの!」だそうです。

そしてピカ子が一番こだわる食材というのがお肉です。

購入したのは100g2,500円の特選黒部和牛(サーロイン3枚)です。

ピカ子は、お肉を摂らないとお肌がパサパサになっちゃうとのこと。

それにしても豪華な買い物です。

更に、牛テールを購入。コラーゲンを摂取することでお肌の保湿に効果的だとか・・

このスープを飲んで一晩寝るとお肌がプルンプルンになるとのこと

と、あっという間に買い物が終了しました。その合計金額は、49,845円です。

すごいです。やっぱり普通の人とは違いますよね。

ピカ子曰く。「これは美容代ね。エステに5万円払うんだったら、食材に10万円払いたい!」ということです。

Sponsored Link

ピカ子の特製テールスープ、美容鍋とは?

そんなピカ子がこだわるこだわりの料理は、食べるだけでお肌がプルンプルンになるピカ子流究極の牛テールです。

お鍋に牛テール4ブロック(6人分 コラーゲン、たんぱく質、ビタミンB12が豊富)を入れます。臭みを消し香ばしさを増すというセロリ、ショウガ(カリウムが豊富、高血圧に効果的)を入れます。

そして長ネギ2本、さらにニンジン3本と大根1/3本を皮つきのまま入れます。

水を3ℓ入れて弱火でコトコト5時間煮ます。5時間後鍋のふたを開けると煮汁が大体半分ぐらいになるようです。

そしてここからがポイント。牛骨スープを充分に吸った野菜のうまみを出すために、煮こんだニンジンと大根を取り出し、ザルのような網のこしきで手で押し込んで野菜の汁を鍋の中に入れます。

塩、黒胡椒、ごま油(お好みで適量)で味を調えて完成です。

この牛テールのスープをスタジオで披露して皆さんに食べてもらっていました。

「めちゃくちゃうまい!」「こんなうまいものがあるのかというぐらいうまい」と皆さん絶賛してました。

テレビを見て感じたのですが、ピカ子は、食へのこだわりがすごいです。1日1食だそうです。

朝、ペリエでデトックスを一気飲みしたら食事は、ランチのみとのこと。

この日は、ステーキハウスハマ(六本木本店)でステーキを食べていました。

普段も美容に良い食材以外口にしないと言っていました。

美しさは美容液より食生活が大事!!

これが私の美意識!

ピカ子が言う美の元は、食生活が最も大事だという事を教えていただきました。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加