男の肌のお手入れにおすすめの化粧品は?【男もこだわる!】

男性の肌は、女性と違って一般的に皮膚が厚いので、皮脂が多く脂っこくなりがちですよね。

ちょっと動くと、すぐに汗ばんできてべとつきやすくなってしまいます。

そのままほっとくと肌荒れを起こしたり、ニキビもできやすくなってしまいます。

今までなんとなく買っていた男性用化粧品だと思いますが、これを知っていた方が今後新しく購入する時に少しでもお役に立てていただけるような選ぶポイントをご紹介致します。

まず、ヒゲ剃りに使うシェービングです。

Sponsored Link

1.ヒゲ剃り方法、シェービング剤を選ぶポイント

■男性は、毎日ヒゲ剃りをするため、電気カミソリの場合はそれほど肌を痛めませんが、カミソリを使用してヒゲ剃りをする場合、直接かみそりの刃が肌の表面をなぞるため、肌の角質層を痛めやすくなってしまいます。

もったいないからと思って、カミソリの刃の切れ味が悪いまま使うのは、最も肌を痛めやすいので注意しましょう。切れ味が悪くなってきたと思ったらコマめな交換が必要です。

■カミソリでヒゲ剃りをする時のおすすめの方法

①洗顔後、蒸しタオルを顔にあててヒゲを柔らかくします。

②シェービング剤をヒゲの部分に塗り、しばらくそのままにします。

③ヒゲが柔らかくなってきてから剃ります。

カミソリの刃でヒゲ剃りをしてもシェービング剤を使うことで肌への負担が全然変わります。

そうはいうものの、普段会社勤めしている場合、朝の忙しいい時に蒸しタオルを使ってまでヒゲ剃りをしている優雅な時間なんてなかなか無いですよね~。

■でも、少なくとも、カミソリでヒゲ剃りをする場合は、専用のシェービング剤は使った方がいいです。よくありがちな、水だけで濡らして剃るのは止めましょう。

——————————————————————

シェービング剤のタイプっていろいろありますよね。

フォーム、ジェル、ジェルフォームなどの種類があります。

●フォーム:しっかりとした泡で肌をガードしてくれます。質感が軽く剃りやすい、洗い流すのも楽です。剛毛の人におすすめです。

●ジェル:剃る時にニキビや傷が見えるので注意しやすく傷つけなくてよい。泡のフォームに比べて滑りが良く、肌荒れの人におすすめです。

●ジェルフォーム:深剃りしたい方におすすめです。

自分のヒゲや肌の状態に合ったものを選んでくださいね。

Sponsored Link

2.洗顔料

■男性の肌は皮脂の分泌が多く、洗顔する時にできるだけ脂分を洗い落とてしさっぱりしたくなってしまいますよね。

でも、皮脂を洗い落としすぎてもいい事はないようです。

肌の脂分を落としすぎると、肌を保護する皮脂が足りていないと判断して、更に過剰な皮脂分泌をしてしまいます。

さらにこのようなことを繰り返すとバリア機能が崩壊して更なる肌荒れを起こしてしまいます。そのため、洗顔後にもある程度皮脂が有ったほうがいいようです。

■おすすめの洗顔料の選び方は、合成界面活性剤が配合されていない洗顔料がおすすめです。

この合成界面活性剤は、洗浄力が高いのですが、使いつづけると先ほどの皮脂を洗い落としすぎてしまい、乾燥肌や肌荒れの原因にもなりかねません。

3.化粧水

■化粧水を使うタイミングは、洗顔後なるべく早く化粧水使い肌を保護しましょう。

洗顔後は、肌が乾燥しがちです。化粧水を塗ることにより、肌の保湿を補い、肌の状態を整えます。又、この後に、美容液、乳液を使用する場合、肌への浸透力を高めてくれます。

乾いた状態の肌に直接美容液や乳液を塗るより、化粧水で肌に水分を浸透させてから塗った方がよりより肌への浸透力が増します。

ジゲン(ZIGEN)オールインワン化粧水も乳液もコレ1本!

4.美容液

男性で美容液を使用している人は、まだまだ少ないと思いますが、肌の調子が悪いと思った方やワンランク上の美肌を目指す人は、美容液もチャレンジしてみて下さい。

美容液は、主に肌に「栄養を補給する」という役割があります。

大きく分けると、アンチエイジング、美白、保湿などの役目があります。

男性用の美容液も種類が増えてきましたので、是非使ってみて下さい。

Sponsored Link

この記事も読まれています。

⇩   ⇩   ⇩

男性が美肌になる方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする