大阪の花粉は今日どれくらい飛んでるの【最新花粉情報サイト】

花粉症か?辛すぎて目が覚めた!

まさか!これが花粉症?

この季節花粉症なのか風邪なのかよくわかりません。

鼻がムズムズ、くしゃみの連発!目がかゆくなってくるといよいよ来たかと思ってしまいます。

花粉症の人は、早めにマスク、薬を飲んだり、目薬などで対策して下さいね。

今日、今週、花粉がどれくらい飛んでいるのかすぐに確認できる大阪の花粉情報のサイトを集めました。

大阪の花粉情報は、こちらから確認して下さいね。

大阪の今日の花粉はどれくらい飛んでいる?

【最新花粉情報サイト】

① ⇒ 日本気象協会 大阪(今日の花粉情報)
② ⇒ 日本気象協会 大阪(週間花粉飛散情報)
③ ⇒ 日本気象協会 大阪(花粉飛散分布予測)
④ ⇒ 環境省花粉観測システム (愛称:花子さん)
⑤ ⇒ Yahoo 大阪の花粉情報
⑥ ⇒ goo 花粉情報 大阪
⑦ ⇒ ウエザーニュース 花粉Ch 大阪
⑧ ⇒ So-net 花粉情報 大阪の花粉情報

Sponsored Link

花粉に気をつける日【花粉3K】

花粉に注意した方がいいという日があります。

それは、「花粉3K」と言われています。

花粉は、天候など気象条件によって飛散する量が違います。花粉の最も飛びやすいという気象条件があるんです。

それは、気温 が高く空気が乾いている、風が強い日に花粉は広範囲に飛散します。

つまり、高温、乾燥、強風という3つの条件が重なった日は、花粉が最も飛びやすいとされています。これらの高温、乾燥、強風の頭文字のアルファベット「K」を取って花粉3Kと言われています。

高温(高温の為、開花が早くなり大量に花粉を飛散します)
乾燥(花粉の重さが軽くなり、より遠くまで飛散します)
強風(風が強いときは花粉の飛散量が多く広範囲に飛散します)

上記の3Kのような気象条件の時は、特に気を付けて下さいね。

花粉症は、いままでなったことがない人でもある日を境に急になってしまう人もいます。

そもそも花粉症はどうして発症するのかというと花粉の量だったり、その年の私たちの免疫力、抵抗力これがバランスをとっていますが、花粉が多い年、インフルエンザで身体の免疫が低下していると花粉症の症状が強く出たり発症するという事があります。

インフルエンザによって喉の腺毛がダメージを受けるとウィルスや異物を排除できなくなってきます。

そうすると花粉が中に入ってきてしまい、インフルエンザ後、今まで花粉が関係ないと思っていた人も花粉症になる可能性がでてきます。

中には、花粉症になっても自分では認めたくないという人もいますが・・(笑)

花粉症の患者さんの割合が多いところは

日本全国の中でも花粉症患者さんの割合が多いのは東京だそうです。

ある調査によると東京では、2人に1人が花粉症になっているそうです。

2人に1人というのはすごい割合ですよね。逆に花粉症が治ったという人はいるんでしょうか?

対策としては、今のところ花粉症を和らげる薬やグッズで対策するという感じですよね。

花粉症などのアレルギーは、症状が悪くなってからだと薬が効きにくくなります。

花粉症の症状が軽いうちに花粉症の薬、目薬を始めると花粉の飛散量が多くなっても症状をコントロールしやすくなります。

是非、早めの対策をして下さいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。