傘に防水スプレーをやると驚くほど防水機能が復活!【水玉が滑る!】

梅雨の季節になってくると傘の出番が多くなってきますよね。

傘は消耗品と同じですから、骨がダメになってきたリ、ほつれたり、破れたりすると新しく購入しますよね。

強風や、ビル風などの突風で一瞬で傘が壊れたりすることもあります。思ってもいない場所で一瞬で傘が壊れた時は、本当にショックです。

あなたは、同じ傘を長く愛用されていますか?

同じ傘を長く使っていると雨の中を歩いて折りたたむと防水機能が低下して傘の布にシミ込んでいる雨水がいつまでもダラダラ落ちて来ることはありませんか?

特に折り畳みの傘を使っている人は、折りたたむ時に分かると思いますが水のはじき方が違います。

Sponsored Link

傘に防水スプレーをやると驚くほど防水機能が復活!?

そんな傘に防水スプレーを吹きかけると防水機能が驚くほど復活します。

上手くやると新品で購入した時より水をはじくのではないでしょうか。

防水スプレーは、市販されているもので充分です。

防水スプレーを使用する時の注意点!!

傘を開いた状態で防水スプレーを吹きつけますが、その時に注意することがあります。

スプレー缶にも記載されていると思いますが、家の中、浴室などで行わず必ず家の外で行って下さい。

スプレーした噴霧状のものは吸い込んだり手に付かないようにマスクや、ゴム手袋などをして下さい。

これが体内に入ると大変危険です。

小さなお子さんがいる時は、特に注意が必要です。

外で使用する時も風向きに注意してくださいね。

傘にスプレーする時は、近づけすぎないで少し離してスプレーした方がいいです。

1回で完了させないで何回も重ね塗りをすると効果的ですよ。

吹き付けたあと完全に乾いてから使用します。

上手く防水されていると傘に当たった雨が水玉になって傘を滑って落ちて行きます。

また、傘を折りたたんだ後も軽く傘を振るだけで傘に付いていた雨水が振り落とせます。

折り畳み傘の時は、水はじきがいいとしまうのに楽です。軽く2~3回振るだけです。

防水スプレーは、こちらから購入できます。

⇩    ⇩
LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

防水スプレーが1本あると、他のも使えるので便利ですよ。

靴やレインコート、カバンなど雨に濡れて困るものも是非使ってみて下さい。

最後までお読み頂きまして、ありがとうとございました。

Sponsored Link

この記事も読まれています。

⇩  ⇩  ⇩

梅雨入り予想、梅雨明け予想全国版【2018年-平成30年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加