花粉で肌荒れした!どうする?

花粉症

花粉の季節、花粉症の人にとってはいやな季節ですね。

花粉は、くしゃみ、、鼻水、目のかゆみなど、花粉症の人にとっては、最悪です。

この季節、マスクや目薬、花粉症の薬を飲んでなんとかしのいでる人が多いと思います。

自分も花粉症で、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水と、この季節に外出する時、マスクは欠かせません。

実は、外出する時マスクをしていますが、いつも鼻水たらたらで、びしょびしょになってしまいます。

不思議なのが、家を出る前にマスクをして花粉がマスクの中に入らないように隙間も気を付けているにも関わらず、外に出ると鼻水が止まりませ。いつも途中でマスクを交換しています。

だいたい外出する時は、マスクを交換できるように3枚~4枚持ち歩いています。

前に花粉症の鼻薬を飲んだんですけど、喉がからからになってしまい、これはまた別の症状で調子を崩し、結局薬は飲んでいません。

Sponsored Link

花粉による肌荒れ

今年の花粉の季節になると今までと違った症状が出始めました。

それは、目の周りがかゆくなり、かいていると肌が荒れて、少し赤くなってしまいました。

今までこんなことは無かったです。花粉症で目がかゆくなる時は、目だけかゆくなっていましたが、今年は、かいているうちに目の周りもかゆくなっていました。

花粉で肌が荒れるんですかね?

調べてみると花粉で肌荒れが起こることがわかりました。

花粉皮膚炎

この花粉による肌荒れを「花粉皮膚炎」というようです。

症状としては、目の周りや、鼻の周りの肌の色が他のところと違ったり、肌がヒリヒリしたりします。

花粉で身体のアレルギー反応が起こり、目をこすったり、鼻をかむ回数が増えると肌をこすることになり、肌にダメージを与えてしまうようです。

それと3月~5月ごろも、意外に湿度が低く油断していると乾燥肌になってしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。

そんな時は、皆さんはどうしていますか?

肌荒れがひどい場合は、素直に病院に行って診察をしてもらった方がいいと思います。

肌が荒れているところに保湿クリームを塗って合わない場合、余計にひどくなることもありますので、ココは、病院に行ってみてもらう事をお勧めします。

自分の場合は、それほどひどくなかったので、なるべく刺激の少ない保湿クリームを塗って様子をみていました。だんだん回復に向かってきたので結果的に良かったのかなと思います。

刺激が少ないかどうかは、肌に塗った時にピリピリしみないか、塗った後、肌が赤くなったり変色しないかどうかです。

Sponsored Link

春先の湿度にご注意!

今回のことで気を付けなければいけないと思ったことは、花粉症の季節と同じ3月~5月ごろの湿度です。この時期、1日の最低湿度が一桁、数パーセントになることもあります。

冬が終わり春先になってくるので乾燥も終わりかと思いがちですが、意外と5月ごろまで湿度が低いんです。

そのため、知らず、知らず、乾燥肌になって、肌のバリア機能が衰えている場合があります。

冬の乾燥時期が終わったからと安心しないで、花粉の終わる季節まで肌の保湿は続けて行った方がいいようです。

(芸能人が使っているメンズスキンケア BULK HOMME【バルクオム】

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする