花粉情報【リアルタイム1時間毎更新】東京の状況は

花粉症の人にとってつらい時は、「花粉がどれくらい飛んでいるんだろう」って気になりますよね。

鼻がムズムズしたり、鼻水が止まらなかったり、くしゃみ、目がかゆいなどいろいろな症状があると思います。

花粉症の人は、こういう花粉の写真を見ただけで鼻がムズムズするかもしれません。

花粉が多く飛ぶ時は、晴れた日気温が高い日空気が乾燥して風が強い日などは、特に花粉の飛散量が多くなるとのこと。

このような時は、ご注意くださいね。

花粉情報【リアルタイム1時間毎更新】東京

下記のサイトでは、リアルタイム(1時間毎)の花粉情報がご覧いただけます。

■環境省花粉観測システム はなこさん【リアルタイム毎時35分ごろ更新】

■東京都福祉保健局(各観測地点のスギ・ヒノキ花粉の飛散状況が、10年の平均値と今年の数値とをグラフ上で比較してます)

⇒ 東京都花粉情報

■ウェザーニュース 東京花粉情報【各地点をクリックすると1時間毎の測定数値がグラフで表示されています。 1時間毎】(スマホの場合、うまく表示されないことがあります)

東京の花粉飛散情報

■日本気象協会 ⇒ 今日の東京の花粉飛散情報

■日本気象協会 ⇒ 花粉飛散分布予測(東京)

■東京都福祉保健局 ⇒ 東京都花粉情報

■日本気象協会 ⇒ 東京都週間花粉飛散情報

東京都の天気

花粉の飛散状況は、お天気と関連しています。

■日本気象協会 ⇒ 今日、週間 東京都の天気

Sponsored Link

花粉症の症状が朝が辛いモーニングアタックとは

花粉症の人は経験されていると思いますが、朝起きた時に花粉症の症状がつらいということはありませんか?

ウエザーニュースが花粉症の人に「1日の中で花粉症の症状がつらい時はいつですか?」というアンケートを行いました。

結果を集計すると朝の7時がつらいという方が最も多いということがわかりました。

その次に6時と14時につらいと感じている方が多いという結果になりました。

朝の時間帯は、起床時、通勤時に多く、14時という時間帯は昼食のために外出して戻ってきた時間ではないかということです。

朝の時間帯に花粉症の症状が辛いのは、就寝中に吸い込んだ花粉や床や寝具に積もった花粉塵などのハウスダストが起床時にまきあげられ、目覚めとともに花粉症の症状が強く出たりするのではないかということです。

起床時に自律神経の切り替えがうまくいかないために花粉に敏感になって思い症状が出やすいと言われています。

起床時に花粉症の症状が辛くなることから「モーニングアタック」と言われています。

モーニングアタックの対策としては、花粉を外から家の中に持ち込まないようにすることです。

床に落ちた花粉は掃除機などでこまめに掃除しましょう。

花粉症の人にとっては、朝起きた時からくしゃみや鼻水などが出ると1日が憂鬱になてしまいますよね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

[ad#co-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加