イワシの缶詰で美味しい炊き込みご飯!EPAで高血圧の改善が期待!

いまや「さば缶」ブームです。

お店の缶詰のコーナーに行っても「さば缶」だけが、品薄状態になっていませんか。

「さば缶」の次に注目されているのが「イワシ缶」です。

テレビの「この差って何」でイワシ缶のことをやっていたのでまとめてみました。

解説してくれる先生は、東京都慈恵医科大学付属病院 管理栄養士 赤石定典先生です。

イワシ缶に含まれるEPAは、高血圧の改善が期待できる

イワシ缶には「EPA」という栄養素が非常に多く含まれています。

この「EPA」は、サバ缶より約2倍ほど多く含まれているとのこと。

では、なぜ「EPA」が高血圧にいいかというと食事などによって塩分を多く摂り込み過ぎると血管の中に塩分が入ってきます

塩分が入ってくると塩分濃度を下げようとして大量の水分が血液の中に入ってきます。

そうすると血液量が増えて血管を押す圧力が上がります。

この状態がすなわち「高血圧」です。

そこに「EPA」が入ってくると「EPA」が血管の壁を柔らかくする働きがあるで血管を押し上げ圧力を逃がしてくれるので高血圧の改善が期待できるとのこと。

イワシの缶詰で美味しい炊き込みご飯

イワシの缶詰が1個あると美味しい炊き込みご飯ができます。
【クックパッドより】

【材料】(引用:ラ・みーこ様)

〇お米2合
〇いわし缶(醤油味でも味噌味でも)1缶
野菜(にんじん、ごぼうなど)適量(なくてもok)
〇しょうが ひとかけ
【調味料】
〇醤油 大さじ1
酒 大さじ1
ほんだし 小さじ1                                                                                                                                      
【作り方】
①お米をとぎ水を2合目の目盛りよりやや少なめにそそぐ
②野菜、ショウガをみじん切りにしておかまに入れる
③調味料と缶詰め汁ごとお釜に入れていつものように炊く

イワシ缶の中でもEPAを最も多いく含むのはどれ?

イワシ缶の中でもいろいろな種類があります。

①イワシの 水煮缶
②イワシの しょう油煮付
③イワシの かば焼き缶
④イワシの オイル漬け缶

この中で一番「EPA」が多いのは、イワシの水煮缶でした。

その理由は、イワシの水煮缶は、生の状態のイワシをすぐに真空状態の缶に詰めるため「EPA」が酸化せず、ほとんど失われないとのことです。(EPAは、酸化しやすい)

そして、イワシの水煮缶を1日1缶、2週間食べ続けるだけで高血圧が改善するというのです。

Sponsored Link

イワシ缶を食べ続けると・・

高血圧の予防となると塩分を抑えなければならないのですが、イワシ缶を食べ続けることで普段の食生活を変えずに高血圧の改善が期待できるとのこと。

いくら大丈夫と言っても塩分の摂りすぎはよくないのですが、そこまで塩分を気にしなくてもよいとのことです。

番組では、ボクシング元世界チャンピオン 具志堅用高さん(63歳)に1日イワシ缶1缶(約200g)を2週間食べ続けてもらいました。

実は、具志堅さんかなりの高血圧です。

高血圧とは、上の血圧が 135以上だと高血圧と診断されます。

具志堅さんの血圧は、99ー165 ですのでかなりの高血圧です。

それもそのはず、具志堅さんの食事は、外食が中心の塩分が多い食事だったのです。

週4回焼肉、ラーメンも多いとのことです。

具志堅さんに普段の食事をしながら1日にイワシの水煮缶を1缶を2週間食べ続けてもらいました。

イワシ缶の食べ方としては、いつもの食事にイワシ缶をおかずとして食べたり、サラダに混ぜて食べたりしていました。

2週間にわたりイワシの水煮缶を食べ続けた結果、上の血圧が165から146に下がっていました。2週間で19も下がりました。

このままさらに食べ続けると「正常値まで下がるのでは」と赤井先生はおしゃっていました。

イワシ缶を食べ続けると高い血圧が下がるんですね。

毎日食べ続けるのは大変かもしれませんが、それで改善する可能性があるのなら薬を毎日飲み続けるよりいいのかもしれません。

イワシの水煮缶+ある食材で高血圧の改善効果が高まる

そして、その「EPA」の効果をより高めてくれる食べ合わせがあります。

それは、「トマト」です。

イワシ缶とトマトを食べ合わせることによって高血圧の改善効果がアップするとのこと。

その理由は、「EPA」はとても酸化しやすくせっかく体に取り入れても活性酸素によって酸化して消えてしまいます。

ところが、トマトに含まれる「リコピン」は、活性酸素を取り除く働きがあり、「EPA」の酸化を防いでくれます。

しかし、毎日イワシの水煮缶とトマトの料理は大変です。

番組では、料理研究家の浜田陽子さんに毎日これさえ作っておけばいろいろな料理に使い回せるという簡単レシピを考案して頂きました。

イワシの水煮缶とトマトの万能ソース(いろいろ使い回しが出来る)

作り方は、とっても簡単です。

①フライパンンにイワシの水煮缶2缶(約400g)を入れる
②チューブのおろしショウガ、チューブのニンニクを少々、砂糖小さじ3杯を入れる
③カットトマトの水煮缶を2缶(約800g)を加えます。
④あとは、イワシをほぐしながら煮込み完成です。

冷蔵庫で保存すれば3日程度は、美味しく食べられます。

使い方は、パンにのせたり、オムレツにかけたり、チーズをのせてオーブンで焼けばグラタン風にアレンジできます。

また、パスタソースとしても使えます。

具志堅さんのお宅では、この万能ソースを使って炊き込みご飯を作りました。

作り方は、研いだお米に万能ソースとコンソメを入れて、後は普通にご飯を炊けば出来上がりです。

あなたも、高血圧でお悩みなら一度試してみてはいかがですか。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

この記事も読まれています。
⇩  ⇩
イワシの缶詰のDHA,EPAの含有量を見て驚いた【驚きの栄養とは】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。