薄毛治療には、17型コラーゲンというたんぱく質が必要!

薄毛、ハゲになると何とかならないかと思い、いろいろな育毛剤、スカルプシャンプーを使い始める人もいると思います。

いったいどれが効果があるのか?

本当にこれは効くのか?

いろいろ試してみたくなりますよね。

世の中が進歩するといろいろなことが分かって来ました。

薄毛、ハゲの人に朗報です。

17型コラーゲンというたんぱく質について

東京医科歯科大学の西村教授他数名によって、加齢による薄毛・脱毛の仕組みを明らかにしました。

歳をとることで髪の毛が薄くなるのは、頭皮にあるコラーゲンの一種が減り、髪の毛を作る幹細胞が消失するということを突き止めました。

本来の働きをしなくなった幹細胞は、フケやアカとして落ちる毛包の縮小は男性ホルモンによる男性型脱毛症(AGA)に特徴的な現象と考えられていたが、性別に関係なく高齢化でも進むことが確認されました。

幹細胞の老化を防ぐには、細胞と基底膜を結び付けるたんぱく質の一種「17型コラーゲン」が必須であることも発見しました。

早期に17型コラーゲンの分解を防げば、毛を長期間、維持できるということです。

17型コラーゲン欠損で白髪も?

つまり、「17型コラーゲンは白髪と抜け毛を抑制する事が可能である」という内容を発表しました。

加齢にともなう白髪も17型コラーゲン欠損が要因だということです。

研究を率いた西村教授によると、コラーゲンの減少を抑えられる物質が見つかれば治療薬になるということです。

17型コラーゲンが薄毛を防ぐのに重要な役割を果たしていることがわかりましたが、コラーゲンが豊富な食べ物を食べたり、直接塗ったりしても、残念ながら17型コラーゲンは増えないということです。

幹細胞にあるタンパク質の一種「17型コラーゲン」の減りを抑えることで、薄毛の進行を抑えられます。

西村教授は「5年から10年の間に治療薬ができれば」と話しています。

早く、治療薬が出来て欲しいものですよね。

コラーゲンを作るために

毛包幹細胞がこのコラーゲンを作るために絶対に必要なのがビタミンCです。

活性酸素を除去するためにビタミンCが活躍します。

だけど体内に活性酸素が過剰に発生してしまうと、除去しようとしてアミノ酸やビタミンCがこの為に先に使われてしまい毛髪の育成に使われなくなってしまう」とのことです。

過剰に発生した活性酸素を除去するために”先に”ビタミンCが使われてしまうと、ビタミンCが不足して17型コラーゲン生成が妨げられ、薄毛になるようです。

※ 活性酸素の発生原は、代謝などの生体活動の中で自然に発生するほかにも紫外線、たばこ、電磁波、ストレス、加工食品、食品添加物などでも発生します。

活性酸素で身体が酸化すると老化、シミ、ソバカス、しわ、動脈硬化、糖尿病、ガン、老人性痴呆などの原因になるといわれています。

そこでまずは体内から頭皮内コラーゲン減少を止めるための、活性酸素対策をした方がいいようです。

活性酸素を体内から適切に除去していくためには、毛包幹細胞がコラーゲンを合成するのに不可欠なビタミンCを、毎日複数回に分けて摂り続ける!

そのため、ビタミンCを摂り続けるのも、有効な手段になります。

そのため、毛髪のためにはコラーゲンサプリではなく、体内で、繊維芽細胞ならびに毛包幹細胞がコラーゲンを産生できるようにビタミンCを欠かさないようにすることが大事です。

しかし、このビタミンCは、毛髪や頭皮よりも先に体の臓器で使われる方が多いのです。

実際、経口摂取のビタミンCは頭皮などに届くのは1%にも満たないと言われています。

さらにビタミンCは体内では蓄積することができず、余分な量は普段の尿とともに出てしまいます。

そのため、育毛のために摂るなら常にかなりの量を数時間ごとにこまめに摂らなければならないことになります。

早く、いい薬が開発されるといいですよね。

関連記事

卵は、髪の毛にいい?卵はコレステロールが高い?

薄毛は、コラーゲン減が要因?ビタミンCで育毛?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加