夏バテに効く食べ物メニュー【スーパー細胞が夏バテに関係】

全国的に厳しい暑さが続いています。

気をつけなければならないのが夏バテですよね。

夏バテ予防に効く食べ物のメニューはどんなものがあるんでしょう?

その原因Xにあり【夏バテ解消の最強食材公開】2017年7月21日、フジテレビ放送で取り上げられていましたので、まとめてみました。

一般的に夏バテは、胃腸が弱って、食欲がなくなってきたり、自律神経の乱れから体のだるさや夜眠れないことが多くなってきます。

夏バテに効くメニューの前にお知らせしなければならないことがあります。

それは、医学界に新常識!

最新の研究あるスーパー細胞が夏バテに関係していたことが分かってきました。

実は、だれもが持っているスーパー細胞Xが、夏バテに関係しているという事が分かってきました。

今回は、免疫学を研究して35年、【新潟薬科大学 杣源一郎教授】の解説です。

夏バテの原因は、マクロファージが働かなくなることにもある。スーパー細胞Xとは、マクロファジのことだったんです。

マクロファージとは、免疫細胞の一つで、私たち体のいたるところに存在してます。

マクロファージは、身体の中に入ってきたウイルスや有害物質を見つけて取り囲み食べる働きをします。

この働きが今世界中で注目されているようです。

しかし、このマクロファージが働かなくなると、身体の中のウィルスや有害物質が身体の中に溜まってしまいます。

その結果、だるい、食欲がないという夏バテの症状が現れるといいます。

では、なぜマクロファージが働かなくなってしまうのでしょうか?

それは、マクロファージは、ストレスに弱いようです。そして、特に夏は、ストレスを感じやすい時期だということです。

夏の暑さ、強い日差し、冷房などがストレスとなり、マクロファージを働かさなくなってしまいます。

マクロファージは、身体の色々な組織、臓器に存在しています。

実際にマクロファージは、どういう働きをするのでしょうか?

がん、アトピー性皮膚炎、骨粗しょう症、アルツハイマー型認知症、糖尿病(2型)、花粉症などを抑える働きをします。

マクロファージってこんなに色々な病気を抑える働きをするんですね。

マクロファージがすごいのは、

●がん細胞を食べることで、がん発症のリスクが抑えられます。

●アルツハイマー型認知症の原因となる(脳内)のアミロイドβを食べてくれるのでアルツハイマー症の予防になります。

これこそスーパー細胞ですよね!

では、この働かなくなったマクロファージを元気にするにはどうすればいいのでしょうか?

それは、LPSという成分を摂取することで、マクロファージを活性化できます。

LPSって?

聞いたことがないんですけど・・

夏バテに効く食べ物メニュー(LPSを含む食材)

LPS:リポポリサッカライド

LPSは、土の中で育つ野菜や海藻に含まれる成分です。このLPSを摂ることによってマクロファージが元気になり、有害な物質を食べてくれるようになります。

LPSには重要なポイントがあります。

LPSは人間の身体で作られないので、食べ物から摂る必要があります。

マクロファージを元気にして夏バテを吹き飛ばす最強の食材は、LPSを豊富に含む食材です。

■十割そば、(ゆでた蕎麦湯)

■玄米ごはん

■とろろ

■キノコ類(ひらたけ、なめこ、しいたけ)

■海藻類(岩のリ、ひじき、めかぶ)

食事のメニューにすると

【例1】

十割そば(100g)LPS量約350μg+めかぶ(25g)LPS量(64μg)

【例2】

玄米ごはん(100g)LPS量(約450μg)+なめこの味噌汁(40g)LPS量(18μg)

こんな感じでLPSを含む食材を基本に摂り、おかずを1品~3品を付け加えれば夏バテに効くメニューが出来上がります。

玄米は、本当に体にいいんですね。

ちなみに料理をする際、180℃以上でLPSが壊れてしまうので注意しましょう。

LPSを摂ることによって本当に夏バテが解消されるのでしょうか?

毎年夏バテしてしまう一般の方5名に試してもらいました。(50代~60代 男女)

それぞれの食事にLPSが多い食材をメニューに加え、3週間食べてもらいました。

①玄米ご飯、めかぶ、ひらたけ入り味噌汁など

②十割そば、ひらたけ入りそばつゆ、蕎麦湯など

3週間後、それぞれの血液を採取してマクロファージの活動力の変化を確認しました。

すると全員がマクロファージの活動力がアップ(13%~37%)していました。

その結果、だるくて起きられないという事が無くなったり、朝の目覚めが全然違う、朝から快調!、食欲が戻ったという人もいます。

睡眠時間がきちんと長く取れるという人など皆さん夏バテ改善を実感しました。

マクロファージを元気にして夏バテを予防しましょう!

これは、最新の研究に基づいて行われた結果ですので、あなたも夏バテ予防にLPSを多く含む食材をメニューに加え、夏バテにならないようになるといいですね。

毎年、夏になると暑くて冷たい飲み物を多く取ったり、食欲が無くなったりしていましたが、このマクロファージのことが分かると気分が違ってきます。

がんや他の病気にも効果があるということですので、その分野の研究も進んでくれるといいですよね。

LPSは、夏バテだけでなく、様々な病気に対しても効果がありますので、夏だけでなく1年中できれば摂取したいものです。

夏バテについて、こちらに関連記事を書いてます。

※ 夏バテ解消の食事は?コンビニでも買える食べ物は?

※ 夏の紫外線は、老ける!バテる!対処方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加