夏、男の汗対策はどうする?

夏になってくると、毎年毎年気になることがありますよね。

そうです。「汗!」です。

夏の暑い時は、朝起きた時からすでに気温が30℃近くなる時もあります。

こういう時は、会社に行くだけでも大変ですね。

ちょっと急いで早く歩いたら、汗だらだら・・

電車に乗っても混んでるし、額に流れてく来る汗を拭き拭き、匂いも気になってしまいますよね。

さらに、年齢とともに加齢臭も出て来るので、余計に汗対策を強化しないと周りの人に迷惑をかけていないかと気になってしまいます。

男性の皆さんは、夏の汗対策どうしていますか?

夏の男の汗対策は!

夏は、寝ている間にもよく汗をかきます。朝起きた時にすでに枕、やパジャマがすでに汗臭くなっている時もあります。

下着のシャツを着て寝ていると、寝ている間の汗は、下着に浸み込んでいます。汗は、その場で匂うことは無く、乾いてから匂う事が多いと思います。

だから、夏は、寝ている時に来ていた下着を、出かける時に着替えた方がいいと思います。

そのままにして上からYシャツを着ても下着が汗臭くなっていると匂いが付いて回りますので注意が必要です。

制汗スプレーの塗り方

朝出かける時に制汗スプレーを体に塗る時も、寝ている間の汗が身体に付いていますので、一度タオルを水で濡らし、絞ったタオルで身体を拭くことをおすすめします。

その後に制汗スプレーを4~5回振って、肌から10cm以上離して、円を描くように塗ると効果的です。

制汗剤のスプレーをした後もすぐに服を着ないで、しばらく時間をおいて乾いてから服を着た方がいいです。

制汗剤の種類によって、乾かないまま服を着ると制汗剤が服に付いて変色するという事もありますよ。

又、もし変色してしまっても色物は、難しいかもしれませんが、下着の白いシャツ等は、酸素系の漂白でほとんど落ちると思います。

日中の汗対策は、制汗シート、タオルでこまめに汗を拭きとりましょう。

汗をかいたままにして、そのまま乾くと、汗臭くなってしまいます。

又、極度に汗をかいた時のために職場に着替えのシャツ、下着を予備に置いといた方がいいでしょう。

制汗剤の香り

制汗剤の商品は、汗の匂いを消すために、制汗剤に最初から香りを付けたものが有ります。石鹸の香りや、柑橘系、マリン等などの香りが付いています。

香り自体は、大変いい匂いです。

自分の場合は、この制汗剤の匂いが付いているものは、避けています。

最初、いい匂いと思って付けていたのですが、汗が出てきてその制汗剤の匂いと汗の匂いが混じるととんでもない匂いになてしまったからです。

まだ、汗だけの匂いの方がましです。

まあ、人それぞれです。実際に商品として販売されているわけですから、リピーターの人もいるでしょうし、いいから売れていると思います。

でも自分は、合わないので無香料の物しか買っていません。

制汗剤の選ぶポイントは

毎年、夏に近づくとドラグストアーで制汗剤を購入しますが、最近は、女性用、男性用とも商品の種類が豊富で選ぶのに苦労します。

でも自分の場合、選ぶ時のポイントは、消臭の効果とコスパ(量、価格)です。

おすすめは、資生堂から出てるAgです。

これは、消臭効果抜群です。しかも無香料!

朝出かける前にスプレーするとほぼ1日持ちます。

去年あたりから、XLサイズの超ビッグサイズが販売されています。(240g)

ただ、入荷してもすぐに売り切れてしまいます。

お店にあったら、ラッキーですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加